みったに

Web制作の受注にWeb広告を導入してみようと思う話【失敗前提の企画です】

MARKETING

こんにちは、みったにです。
先日に、下記のツイートをしました。

上記の通りで、Webマーケティングに関する取り組みをやってみたいと思っています。

しかし、少し考えを整理しまして、上記のツイートから少し変わった部分もあるので、整理しつつ、書いていきます。

Web制作をWebマーケティングで受注してみようと思う

Web制作をWebマーケティングで受注してみようと思う
今後はWebマーケティング(主にリスティング広告)を使って、Web制作案件を受注してみたいと思っています。

Webマーケティングの学習

理由としては、2つあります。1つはWebマーケティングの学習です。

現在の僕は、Web制作を1つのお仕事としていますが、Web制作にはWebマーケティングの導入も必要だと思っています。

世の中には、作って終わりのホームページが数多くあり、僕もある程度作ってきましたが、その中でも作って終わりのホームページはわりと多いです。

要するに、せっかくホームページがあるのにもかかわらず、名刺代わりとして設置してあるだけのページです。

「作って終わり」は少しもったいない

ホームページは作って終わりにせず、お問い合わせをいただくなど、何らかの成果が発生して意味があると思っているので、ここに対してのスキルをもっと上げていきたいというのが理由の1つです。

Webマーケティングでお仕事をしてみたい

2つ目の理由としては、「個人がWebマーケティングでお仕事ができるか試してみたい」という理由です。

リスティング広告を見てみると、企業の広告が多く、個人の広告は少ないかなという印象です。理由はおそらく、広告費が個人にとって高いためで、そのために、手を出しづらいのだと思います。

受注できれば回収できる

しかし、例えば、5万円の広告費で20万円の案件を受注できたとすると、広告費は1/4ですよね。回収率としては、わりと高いかなと思ったりです。

Webマーケティングの結果は無料公開

Webマーケティングの結果は無料公開
冒頭のツイートを再度貼り付けてみます。

ツイートには300円と記載したのですが、今回の取り組みについては、やはり無料が良いかなと思いました。

上記のツイートの後に、下記のツイートをしました。

こういった感じです。冒頭のツイートと比較すると、反応は少なめだったので、メルマガよりもコミュニティの方が需要が高かったかもしれないです。

とはいえ、いきなりコミュニティで始めると、業務と並行しての作業になるので、パンクする可能性があるかなと思いました。

ここは僕の進め方の問題かもですが、まずは小さく始めていくと、継続しやすいのかなと思ったりです。上手く進んだらコミュニティとかにするのもありかなと思っています。

全て無料です

有料でも良いのですが、僕自身としては、Webマーケを試しつつ、スキルを上げたいというのがメインであるため、試した内容は全て無料で公開します。

メルマガとブログを併用

こういった企画をするときに、ブログだと書きにくい情報もあったりします。

例えば、選定したキーワードの効果などは、時期によって差があったりするので、長期で運用するブログとは相性が良くなかったりします。

なので、僕が実際に試した細かい情報の部分は、メルマガでリアルタイムに発信しようと思います。

イメージとしては、下記の通り。

  • ブログ:Webマーケティングで得たノウハウ
  • メルマガ:僕がWebマーケティングで試したデータ

こういった感じです。
無料で発信するので、興味がありましたら、ぜひ下記からご登録くださいませ。

期間は年内

企画の期間は年内のみの予定です。

リスティング広告はSEOと異なり、短期で成果がわかります。まずは年内で実施しつつ、その成果を考慮して、来年も実施するかは、様子を見て検討する予定です。

失敗が前提

最後に1つありまして、それは「ほぼ確実に失敗する」ということです。

Webマーケティングでよく使う方法として、「PDCAを回す」というのがあります。

PDCAとは、「Plan」、「Do」、「Check」、「Action」のことでして、要するに、何度も試しつつ、徐々に成功に近づけていくという考え方です。

そのため、大量の失敗をします。逆にいうと、失敗をしないと成功に近づけないので、そのための通り道という感じです。その過程を公開しつつ、発信していく予定です。なので、失敗したデータをお見せすることが多くなるはずです。

そこに価値を感じていただける方にはメリットになるかなと思います。

それでは、今回は以上となります。
よろしければ、下記からご登録くださいませ。

追記

補足ですが、Gmailの場合だと、プロモーションフォルダに分けられてしまう場合があります。

下記を参考にご対応いただけたらメインフォルダに入ると思います。
≫大切なメールがプロモーションに振り分けされるのをメインで受けとりたい時の設定方法