みったに

コーディング初心者がクラウドソーシングで稼ぐための手順【徹底ガイド】

work

クラウドソーシングで稼ぎたいコーディング初心者の人

クラウドソーシングで稼ぎたいコーディング初心者の人「コーディング初心者がクラウドソーシングで稼ぐ手順を知りたい。初心者でも仕事を受注できるか不安だし、仕事に必要なスキルを知りたい。」

こういった悩みをお持ちではないですか?

現在の僕は、フリーランスとして活動しており、現役のコーダーです。

クラウドソーシングでも受注できており、その経験も踏まえて、今回は「初心者がクラウドソーシングで稼ぐための手順」について解説します。

もくじ

  • コーディング初心者がクラウドソーシングで稼ぐための手順
  • コーディング初心者でも稼げるクラウドソーシングまとめ
  • コーディング初心者が目指すべき場所は?

コーディング初心者がクラウドソーシングで稼ぐための手順

コーディング初心者がクラウドソーシングで稼ぐための手順
いきなりですが、僕が実施した手順としては下記の通り。

  • 良質な関係を作る
  • 実績を確保
  • 数を増やす

順番に解説します。

良質な関係を作る

まずは、良質な関係を作るところから。
これは、仕事以外にも言えることですが、相手を信頼できないとお願い事とかできないですよね。

よく知らない人に「幸せにするので結婚してください」と言われても引かれます。まずは、良い関係を築きましょう。

良い関係を築くには

まずは、相手にGiveをしつつ、安心感を持ってもらうのが良いです。

例えば、「僕に任せていただけたら、〇〇は無償でサポートしますよ」など。

注意点としては、〇〇の部分はあまり高負荷にならないものがベスト。あまり大変なものを無償にしてしまうと、自分も大変ですし、相手も頼みづらくなってしまいますので。

実績を確保

信頼を構築できたら、次は実績を確保します。

クラウドソーシングで一番見られる場所は「実績」です。

一生懸命、提案しても、「この人の言うことは本当かな」という不安が浮かびます。そして、その不安を和らげるのが実績です。最初は、実績がないので、不安を和らげるために、Giveをするわけですね。

実績を確保するには

これは、僕も試した方法ですが、「全額返金」という方法です。

要するに、「制作物に満足いただけなかった場合は、全額返金しますよ」という方法です。

これは、発注側としても安心しやすいですし、僕の場合は、わりと返金率は低めでした。というか、なかったです。

価格競争は辛い話

実績を確保するために、手っ取り早い方法は「価格を下げる」という方法です。

クラウドソーシングでは、わりと価格競争になっており、基本的に、金額が低いことは知っておいた方が良いです。

後ほど、解説しますが、売上を上げるなら、最終的には自分で受注できるようになるのが一番かなと思います。

数を増やす

実績が増えてくれば、必然的に、受注できる数も増えてきます。クライアントの安心感が生まれるからですね。

結局、大切なのは、「安心感」だったりするので、ここを意識していれば、継続的な受注が見込めます。

自分から提案していく

クライアントから「この人なら安心だ」と思ってもらうためには、自分から提案していく方法がおすすめです。

例えば、「〇〇の部分は△△の方が見やすいと思いますよ」など。

要するに、「〇〇はどうしたら良いですか」という提案だと、クライアントも考えないといけないですし、「なんでも聞いてくるメンドイ人」と思われる可能性もあります。

難しければYes・Noで提案

とはいえ、最初は難しいかもしれないので、Yes・Noで決めれる状態まで自分で答えを出しておくと良いかもです。

「〇〇の部分は△△にした方が好印象なので、修正して良いですか?」

という感じです。そうすると、クライアントも答えやすいですよね。

コーディング初心者でも稼げるクラウドソーシングまとめ

コーディング初心者でも稼げるクラウドソーシングまとめ
クラウドソーシングで受注したいと言いつつ、サイトに登録してもいない人って実はわりと多いです。

まずは登録するところから始めてみましょう。下記にまとめました。

こんな感じです。

ランサーズやクラウドワークスは言うまでもないくらい有名ですね。この2つは登録していないとスタートすらできないので要注意。

ミツモアはクラウドソーシングというよりは、営業代行のようなイメージですね。見込み客に営業してくれます。ココナラはスキルを商品として出品できます。

下記は、僕がクラウドソーシングを使ってみたときのツイートです。

こんな感じで、ココナラは商品を置いておくと、向こうから依頼が来るので、営業が苦手な人にもぴったりです。

まずは、全てに登録して、ざっと案件を見てみるべき。きっとイメージが湧くはずです。

コーディング初心者が目指すべき場所は?

コーディング初心者が目指すべき場所は?
冒頭にも書きましたが、クラウドソーシングは、普通に使うと単価が低くなりがちです。実績を確保したら、別のプラットフォームに移るのも手です。

実績を確保した後は、例えば、下記の方法が良いかなと思ったりです。

  • プラットフォームを増やす
  • チームで受注する

こんな感じです。

プラットフォームを増やす

クラウドソーシング以外にも、フリーランス向けの求人サイトにも目を向けてみましょう。レバテックフリーランスギークスジョブは登録しておくべき。登録するだけで、流れてくる案件が見れるので、サイト制作やコーディングの相場がざっと見れます。

チームで受注する

チームになると、受注率が上がったりします。

ここについては、僕も少し興味があり、やってみたいと思ってまして、同じく興味がある人がいましたら、ゆるっとご連絡くださいませ。
お問い合わせ

というわけで、今回は以上です。
コーディング初心者でも、工夫次第で、クラウドソーシングでも稼げます。自分には無理と諦める前に、一度やってみると視野が広がると思います(* ‘ー’)ノ