みったに

フリー素材・画像が豊富なおすすめサイトを5つに超厳選【商用利用可】

work

フリー素材を使いたい人

フリー素材を使いたい人「綺麗なフリー素材や画像を使いたいけど、色々な種類があって、どのサイトが良いかわからない。できれば、無料で使いたいし、商用利用でも使いたい。おすすめの素材サイトを教えてください。」

こういった相談に答えます。

もくじ

  • フリー素材・画像が豊富なおすすめサイトを5つに超厳選
  • フリー素材・画像を使うときに注意すべきこと

現在の僕は、ホームページ制作の仕事やブログなどを書いており、実際にそこで使用している素材サイトを紹介します。どれも高品質なものに厳選して紹介していきます。

フリー素材・画像が豊富なおすすめサイトを5つに超厳選

フリー素材・画像が豊富なおすすめサイトを5つに超厳選
いきなりですが、僕がおすすめする画像サイトは下記の通り。

  • ぱくたそ
  • FLAT ICON DESIGN
  • イラストAC
  • unDraw
  • O-DAN

どれも実際に使用したことがあり、全て無料で使用できます。

順番に解説します。

ぱくたそ

ぱくたそ
「ぱくたそ」は、かなり有名なWebサイトなので、知っている人も多いのではないでしょうか。
≫「ぱくたそ」のホームページを見てみる

ぱくたその特徴

  • 人物や自然の写真素材
  • 人物名やカテゴリで検索可
  • 30,000枚以上の画像が使用可能

こういった感じです。

保有している画像数が多いことと、人物の場合は、名前を出して画像を提供している人が多いです。気に入った人がいれば、名前で検索することも可能です。

FLAT ICON DESIGN

FLAT ICON DESIGN
「FLAT ICON DESIGN」は名前の通り、フラットなアイコンが掲載されいている画像サイトです。
≫「FLAT ICON DESIGN」のホームページを見てみる

FLAT ICON DESIGNの特徴

  • フラットなアイコン
  • 多くの拡張子に対応
  • 色の切り替えが可能

アイコンの色は3色から選択できるようになっています。

また、JPG、PNG画像はもちろん、illustratorなどで使用できる「ベクター画像」としても提供されています。

イラストAC

イラストAC
「イラストAC」もわりと有名かもしれないですね。こちらも高品質なイラストが使用できます。
≫「イラストAC」のホームページを見てみる

イラストACの特徴

  • 会員登録が必要(無料)
  • 人気なイラストがまとめられている
  • デザイナーに発注できる

イラストACは画像のダウンロードに会員登録(無料)が必要です。

よく使われるイラストは、「人気イラスト」といった感じでまとめられているので、よく使われるイラストや、現在のイラストの方向性が見えたりします。

また、デザイナーの方が登録されており、気になる方に画像のデザインを発注することができます。こちらはオリジナルなので、有料になりますが、予算はデザイナーさんと相談する感じです。

unDraw

unDraw
「unDraw」は素材の雰囲気が好きで、僕もブログとかで、よく使っています。
≫「unDraw」のホームページを見てみる

unDrawの特徴

  • 海外のサイト(画像検索は英語)
  • 色をカラーコードで設定できる
  • PNG・SVGでの提供

unDrawは海外のサイトなので、画像の検索は英語で行います。とはいえ、現在はGoogle翻訳というツールがあるので、問題なしです。
≫Google翻訳を使う

また、下記の画像ように、カラーコード(#9963FFの部分)で指定できるので、様々な色の画像にすることが可能です。
カラーコードの指定

O-DAN

O-DAN
「O-DAN」は僕が1番愛用している画像サイトです。
≫O-DANのホームページを見てみる

O-DANの特徴

  • 海外のサイト(画像検索は英語)
  • 複数の画像サイトを一括検索
  • 画質がとても綺麗

こちらも海外のサイトなので、unDrawと同じく、英語での検索になりますが、「ねこ」など日本語で検索できるワードもあります。

画像サイトというよりは、「画像サイトのまとめサイト」のような感じでして、下記のように、複数の検索サイト内を一括で検索することができます。
O-DANの一括検索

左に表示されている「Unsplash」や「Pixabay」が画像サイトで、その中を一括で検索しています。どれも無料とは思えない、画質がとても良いサイトばかりです。

より高画質を求める方へ

今回紹介した画像は、どれも高品質ですが、もっと画質を求めたい人は、有料の画像サイトもおすすめです。

僕が、このブログでも使用してる画像サイトは「shutterstock」という画像サイトです。
≫shutterstockのホームページを見てみる
shutterstock

10点の画像を無料で取得できる無料トライアルとかがあります。

フリー素材・画像を使うときに注意すべきこと

フリー素材・画像を使うときに注意すべきこと
フリー素材を使用するときに注意すべきことは下記の通りです。

  • 利用規約を守る
  • クレジットが必要な場合は記載する

この辺りですね。

利用規約を守る

フリー素材とはいえ、画像を作成した人がいるので、利用規約を読みつつ、その人に失礼のない使い方を心がければ、問題なしです。

必要であれば、引用元を記載したり、引用タグ<blockquote></blockquote>は追記しておきましょう。

クレジットが必要な場合は記載する

今回紹介した画像は、商用利用可能ですが、画像によってはクレジットが必要(引用元のサイトURLや画像の制作者名など)な場合があったりするので、上記と同じく、利用規約を読みつつ、使用したらOKです。

画像を使用するときのテクニック

Webサイトに画像を使用する場合は、そのまま使用するとサイズが大きい場合があります。サイズが大きいと、読み込み速度が遅くなり、ユーザーの離脱率が増えたりする可能性があるので、ぜひ対策しておきましょう。

おすすめの画像圧縮ツール

  • TinyPNG: オンラインで圧縮する場合
  • JPEGmini: オフラインで圧縮する場合

TinyPNGはpng・jpegどちらも対応しています。JPEGminiの方はjpegのみの対応です。

今回紹介した画像のサイトは、どれも品質の高いものを厳選して紹介しました。素材サイトに迷ったときに、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

というわけで、今回は以上となります。品質の高い画像でWebサイトのPVを上げましょう!