みったに

WordPressのエディタにCSSを適用する方法【公開後の画面に近づけて編集】

CODE WordPress

こんにちは、みったにです。
現在の僕は、WordPressでブログを執筆しています。

WordPressのエディタで編集するときに、実際のサイトでは、どのように表示されるのかが、わかりにくくて困ること、ありませんか?

今回はこういった悩みの解決策を記事で紹介していきます。

WordPressのエディタにCSSを適用する方法

WordPressのエディタはスタイルシート(CSS)を適用することで、公開後のページに近づけることができます。

※補足
今回はWordPressのクラシックエディタを使っている場合の対応方法です。
WordPressは、version5.0からGutenbergエディタになっており、少し動作が変わっています。
Gutenbergエディタを使用する場合は、以下が分かりやすそうです。
参考:WordPressのGutenbergエディターにCSSを適用させるカスタマイズ方法

CSSを適用するメリット

WordPressのエディタにCSSを適用することで、公開後のページに近い形で、編集することができるため、エディタの使いやすさが上がります。

クライアントワークでも役立つ

クライアントワークとかでも、わりと編集画面にCSSをつけて欲しいと言われたりするかもですが、そういった場合もこの方法で解決できます。

CSS適用のために、やることは以下の2つです。

  • function.phpに設定を書く
  • editor-style.cssにスタイルを書く

順番に解説します。

function.phpに設定を書く

WordPressのエディタにCSSを適用させるには、function.phpを少し触る必要があります。とはいえ、やり方は簡単です。以下の順番で実施するだけです。

  • テーマエディタを開く
  • function.phpにコードを貼る
  • 「ファイルを更新」をクリック

これだけです。では、順番に解説します。

テーマエディタを開く

WordPress管理画面の左側のメニューで、「外観」>「テーマエディター」を開きます。

function.phpにコードをはる

テーマエディターを開いたら、編集するテーマを選択して、テーマのための関数(function.php)をクリックします。

そうすると、function.phpの編集ができるので、以下のコードを貼り付けます。
コピペで大丈夫です。

function add_editor_style_func() {
	// ビジュアルエディタへのCSS反映
	add_editor_style();
}
add_action('admin_init', 'add_editor_style_func');

「ファイルを更新」をクリック

最後に「ファイルを更新」をクリックしたら、function.phpへの反映は完了です。

editor-style.cssを作る

ここまでできたら、あとは簡単です。実際にエディタに適用したいスタイルを追加していくだけです。

  • editor-style.cssを開く
  • CSSのコードを書く
  • 「ファイルを更新」をクリック

あとは、これだけです。

editor-style.cssを開く

function.phpのときと同じように、ビジュアルエディタのスタイルシート(editor-style.css)をクリックします。

スタイルを書く

ここに適用したいスタイルをかきます。特に思い浮かばなかったら以下のコードを書いてみてください。
コピペで大丈夫です。


h2{
  font-size: 2.0rem;
  padding: 1.5rem;
  background-color: #f7f7f7;
  border-left: 0.9rem solid #4663b4;
  margin-bottom: 30px;
}

「ファイルを更新」をクリック

最後に「ファイルを更新」をクリックしたら、editor-style.cssへの反映は完了です。

エディタを確認する

ここまでできたら、エディタを確認してみましょう。

こんな感じで、WordPressのエディタにスタイルが適用されているはずです。
これで作業効率も向上しますね!

以上です。