みったに

プログラミングでエラーを解決する方法【初心者でもわかるググり方】

PROGRAMMING

プログラミングのエラーを解決したい人の画像

プログラミングのエラーを解決したい人「プログラミングでエラーを解決する方法を知りたい。エラーが出ないけど、思った動きをしてくれない。エラーばかりで全然進まないし、辛くて挫折しそう。」

こういった経験はないでしょうか?

僕もプログラミングを始めたばかりのときは、エラーに苦戦しました。「エラーが出る」→「ファイルを消してやり直す」→「また同じエラーが出て萎える」という状況でした。

そこで、今回は実例を使って、プログラミングでエラーを解決していく方法を現役エンジニアが解説していきます。

もくじ

  • プログラミングでエラーを解決する方法
  • プログラミングでエラーが出ない場合の対処法
  • プログラミングは自走できれば技術力も身に付く

プログラミングでエラーを解決する方法

プログラミングでエラーを解決する方法の画像
結論として、「エラー文言でググる」です。

もしかしたら、「そんなことは言われなくてもわかる」と思われるかもしれません。とはいえ、ここは重要でして、エラー解決の一歩目はここからです。

エラー文言でググることが大切なのは、エラーの内容を理解するためです。

エラーの文言がわからないと何も進まないからですね。少し調べてみたら、わかりやすい具体例がありましたので引用してみます。phpのエラーです。

mb_send_mail()でメールを送ろうとすると、
Warning: mb_send_mail(): “sendmail_from” not set in php.ini or custom “From:” header missing in C:\xampp\htdocs\insert.php on line 43
というメッセージが表示され、メールが遅れません。どうしたらいいでしょうか?
引用:teratail(テラテイル)

こういった質問が実際にあったようです。

質問サイトなどをよく見てみると、実はこういった質問は結構多かったりします。要するに、エラーが出るとそこで止まってしまう感じですね。

なので、ここから一歩進むためには、エラーの意味を調べることが必要になってきます。そして、そのエラーの意味を調べるための解決策が、「エラー文言でググる」ということになるわけですね。

今回の例でいうと、

sendmail_from” not set in php.ini or custom “From:” header missing in C:\xampp\htdocs\insert.php on line 43

ここがエラーのメッセージです。

ちなみに英語がわからない場合は、いったんこのままGoogle翻訳に突っ込みます。そうすると、下記の感じで翻訳されます。

sendmail_from “がphp.iniで設定されていないか、カスタムの” From: “ヘッダーが行43のC:\ xampp \ htdocs \ insert.phpで欠落している

なんとなく、「設定不足があるのかなぁ」という意味は受け取れますかね。そしたら、次はググります。

今回に限らずですが、「C:\xampp\htdocs\insert.php on line 43」のような部分は自分自身の環境で起きている内容なので、これを検索ワードに入れてもヒットしないですよね。なので、それ以前の文言でググります。

今回の場合は、下記とかですかね。

sendmail_from” not set in php.ini or custom “From:” header missing

上記は、orの前でいったん文が切れるので、「sendmail_from” not set in php.ini」だけでも良いかもしれないです。何度かググりつつ試しましょう。

そうすると、同じ悩みを抱えている人たち向けの記事が多く出てきました。

こういうときって遭難中に村を見つけたような気分になりますね。

あとは、こういった記事をひたすら読み込みつつ、自分の環境で試すのみです。

全部読んだけどわからない場合

こういった場合は、網羅的な情報が足りないかもしれないです。

要するに、解説文を読んだけど、解説文の意味がわからないという感じですよね。今回の場合でいうと「php.ini」って何?という方もいるかもです。

そういう場合は、改めて基礎学習するのが良いかもしれないです。基礎が固まれば、爆速で成長できます。

プログラミングでエラーが出ない場合の対処法

プログラミングでエラーが出ない場合の対処法の画像結論として、「言語化してググりまくる」です。

とにかく、あがく感じですね。あがけば手がかりが見つかります。

例えば、Web制作などをしているとCSSをよく使ったりしますが、CSSの場合はエラーが出なかったりします。そして、思っているデザインにならないという感じです。

僕はfloatで苦戦しましたが、floatって慣れないとデザインがめちゃくちゃ変わるんですよね。「画像の下に文字が入り込んで、もうくちゃくちゃ」という感じでした。

ググり方

まずは何でも良いので、自分なりに言語化します。例えば「css float くちゃくちゃ」という感じでも良いです。

まずはググるのみです。そうすると下記の感じで色々出てきます。

そうしたら、あとはネットサーフィンです。ひたすらページを見てまわります。

ページを見ていくとわかりますが、「回り込み」という言葉が使われていることに気づきます。そうしたら今度は、「css float 回り込み」という感じでググれるようになります。

これをひたすら繰り返し、知りたい条件に絞り込んでいく感じですね。泥臭いですが、一番確実ですし、自走できるようになります。

プログラミングは自走できれば技術力も身に付く

プログラミングは自走できれば技術力も身に付くの画像エラーは苦しいですが、自走できれば慣れます。

エラーを解決するときの手順って大体一緒なんですよね。これができるようになれば、徐々に自走できるようになり、技術力も自然と身についていきます。

僕もまだ発展途上ですし、もっと言うと世の中のIT業界も発展途上ですよね。完成形とかってないので、エンジニアの先輩たちが世の中に残してくれた資料をググりつつ、泥臭く追いついていくのが、実は近道かなと思ったりです。

というわけで、今回は以上です。プログラミングの道は長かったりするので、辛くなったら少し休みつつ、焦らずプログラミングの旅を楽しみましょう(* ‘ー’)ノ