みったに

プログラミングはMacとWindowsのどちらが良いか【注意点あり】

PROGRAMMING

プログラミングのパソコンに悩む人

プログラミングのパソコンに悩む人「プログラミングを始めるなら、MacとWindowsのどちらが良いか知りたい。Macは高そうだけど、安売りされているパソコンを買って損はしたくないし、、、失敗しないパソコンの選び方が知りたい」

こういった悩みに答えます。

もくじ

  • プログラミングはMacとWindowsのどちらが良いか
  • MacとWindowsはプログラミングの種類で決める
  • プログラミングでMacとWindowsを選ぶときの注意点

僕はフリーランスのエンジニアとしてWeb制作をしています。

WindowsもMacもどちらも使用しているので、今回はその経験を踏まえて、「プログラミングはMacとWindowsのどちらが良いか」について、解説してみます。

プログラミングはMacとWindowsのどちらが良いか

プログラミングはMacとWindowsのどちらが良いか
結論ですが、どちらでも大丈夫です。

細かい理由は、下記の通り。

  • 好き・嫌いによるところが大きい
  • 大切なのは、外より中
  • どちらもプログラミングが可能

こういった感じで、基準となるところは、わりと人によります。

好き・嫌いによるところが大きい

1番の理由は、ここかなと思います。

Macを使っている人は、Macが好きだし、Windowsを使っている人はWindowsが好きです。

この前提を知りつつ、アドバイスを聞いてみると、対等な立場から判断できるかなと思います。

困ったらMacがおすすめ

僕はもともとWindowsを使っており、その後、Macに変更しました。今はMacの方が心地よく、Windowsは動作チェックに使用している感じです。なので、僕はMacが好き派です。

心地いい理由は、「使いやすいツール」、「画面が綺麗」、「かっこいい」など、色々です。

MacはWindowsも使える

補足ですが、MacはWindowsも使うことができます。

デュアルブートと呼ばれる方法で、複数のOSを持たせることができます。

大切なのは、外より中

パソコンの外見や種類も大切ですが、スペックも見ておくと良いと思います。

例えば、プログラミングをガッツリやろうと思うと、メモリが8GBだと、少し小さいかもです。経験からの肌感覚ですが、16GBほどあると、わりと快適に動く気がしています。

MacもWindowsもプログラミング可能

どちらを選んでもプログラミングを学べます。

ただ、MacとWindowsで作れるアプリが異なるので、作りたいものを基準に分けると良いと思います。詳細は、次の章で解説します。

MacとWindowsはプログラミングの種類で決める

MacとWindowsはプログラミングの種類で決める
MacとWindowsでは使える言語が少し異なっています。

なので、学びたいプログラミング言語や、作りたい言語から選ぶのもありです。

MacはAppleが作っており、WindowsはMicrosoftが作っています。そのため、その会社特有のプログラミング言語があるという感じですね。例えば、下記の通り。

  • iPhoneのアプリ開発 → Mac
  • Windowsのアプリ開発 → Windows

ざっくりこういった感じです。

iPhoneアプリの場合

iPhoneのアプリはSwiftというプログラミング言語を使って開発します。

開発環境は、Xcodeと呼ばれるものを使用します。こういったものは、Macでしか使用できません。

Windowsアプリの場合

iPhoneのときと同じ理由で、Windowsのアプリも専用のプログラミング言語が存在します。例えば、C#や.NETなど。

なので、こういった言語を学びたいときは、Windowsになります。

作りたいものがわからない

プログラミングに興味はあるけど、「知識がないから作りたいものがわからいない」という場合もあると思います。

こういった場合は、手元にあるパソコンから始めてみるのが良いかなと思います。

ポイントは、「あまりお金をかけない」というところです。詳細は次の章で解説します。

プログラミングでMacとWindowsを選ぶときの注意点

プログラミングでMacとWindowsを選ぶときの注意点
注意点として、下記の通りです。

  • 初期投資は少なめに
  • 使えるアプリが異なる
  • 悩みすぎない

順番に解説します。

初期投資は少なめに

基本的に、何かを始めるときに、お金を使いすぎない方が良いです。
理由は、下記のツイートの通り

人によっては、「あとはやるしかないから」という感じで、背水の陣みたいに予算を割く人もいますし、これも良い方法だと思います。

とはいえ、まずは小さく試してみてから始めると、失敗しても損失が小さくなるので、個人的にはおすすめです。

ちなみに、初期投資を抑えるメリットは下記の通り。

要するに、良いものを見極められるようになってから、投資をする方が、効率が良いという感じです。

使えるアプリが異なる

Macでしか使えないアプリがあり、Windowsでしか使えないアプリがあります。そのため、好きなアプリがある場合は、念のため、チェックしておくと良いかなと思います。

例えば、Windowsだと「CLaunch」というアプリがあり、Windowsのときは気に入っていたのですが、Macでは使えないアプリです。

悩みすぎない

大切なのは、プログラミングをやってみたいという気持ちの方で、パソコンはそのためのツールです。

ぶっちゃけた話、ツールは使ってみないとわからないので、まずはやってみながら、ちょっとずつ進めてみるのが良いかなと思います。

というわけで、今回は以上となります。
パソコンに悩み過ぎず、サクッとプログラミングを始めてみましょう!

【プログラミングスクール】ココを選んでおけば失敗しない格安3校を厳選
「プログラミングスクールに通いたいけど、学費も高いし、挫折して失敗したくない。プログラミングスキルを身につけて、エンジニアとしてお仕事ができるようになりたい。」 こういった悩みをお持ちではないでしょうか? そこで今回は、......