みったに

SpotifyをMacで使いこなすには「SpotMenu」が便利【無料アプリ】

LIFE

Spotifyを聴きながら仕事をしたい人の画像

Spotifyを聴きながら仕事をしたい人「SpotifyをMacで流しながら仕事をしたい。仕事中でもサクッとタイトルを見たり、停止・再生できる方法が知りたい」

こういった悩みを解決します。

とても便利なアプリ「SpotMenu」を見つけたので、紹介していきます。

この記事を書いているのが、2020年なので、2年ほど前のアプリですが、今でも普通に使えますし、便利過ぎたので、今回紹介していきます。

SpotifyをMacで使いこなすには「SpotMenu」が便利

SpotifyをMacで使いこなすには「SpotMenu」が便利の画像
結論ですが、ミニプレイヤーアプリの中で、これが一番シンプルで便利だと思いました。他にも「MiniPlay」なども見つけましたが、「SpotMenu」の一番のメリットはメニューバーで使えることです。

僕の場合、基本的にSpotifyは作業用のBGMとして使用しているので、プレイリストはいつも同じだったりします。

なので、Spotifyで面倒だと感じていたのは、「起動」→「選択」→「停止・再生」の手順が必要だったことです。

大袈裟かもですが、これを繰り返すと結構な時間消費になります。ただ、これを使えば、下記のように、メニューバーのみで作業が完了します。便利ですよね。

インストール作業は1分ほどです。

インストール

それでは、導入方法を解説します。まずは、下記のサイトにアクセスします。
SpotMenu公式サイト

下記の画像の通りにダウンロードすると、zipファイルがダウンロードされます。
ダウンロード説明の画像

そのzipファイルと解答すると、「SpotMenu.app」が出てくるので、それを「アプリケーション」フォルダに移動してあげれば、インストール完了です。

起動方法

SpotMenuを起動すると、下記のように、メニューバーにアイコンが表示されます。
SpotMenuのアイコンの画像

その状態で、Spotifyで音楽を流すと、このような感じで、タイトルやアーティストが表示されます。
SpotMenuタイトルの画像

ちなみに、このタイトルやアーティストは設定で消すこともできます。メニューバーを広く使ってしまうので、消しておくとコンパクトになりますね。

メニューバーのアイコンで右クリック→「Preferences」を選択すると、下記の設定が表示されます。
Preferencesの画像

ざっくり下記の通りです。

  • Show artist:アーティスト名を表示
  • Show title:曲名を表示
  • Show album title:アルバムのタイトルを表示
  • Show playing icon:使用中のアイコンを表示
  • Show SpotMenu icon:SpotMenuのアイコンを表示
  • Hide text when paused:一時停止中にテキストを隠す
  • Fix popover to the right:ポップオーバーが右隅に表示

こういった感じです。
ちなみに、このアプリですが、iTunesに対しても同じように使用できます。

オープンソース

このソフトウェアはオープンソフトウェアのようです。
下記からGitHubにアクセスできます。
SpotMenuのGitHub

Swiftで書かれているようなので、プログラミングを勉強している人にも、参考になるかもしれないですね。

というわけで、今回は少し短いですが、以上です。
楽しいSpotifyライフを!